忍者ブログ
Welsh Corgi "May"が家族になった記念に綴ります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花・風母さんと同じく今日から仕事の予定だったのですが、なんと先日よりすごいタイミングで〇〇が始まり、今日はゾンビ状態で・・・・明日から開始となります(年明け早々何ともです・・・)。
(こんなことは書かなくてもいいような気がしてきた・・・)

気を取り直して、久々メイちんの動画をUPしますね。


だいぶディスクが上達したような気がするのでUPしようと思ったんだけど、
この日は公園が人でいっぱいで思い切り出来ませんでした。
メイちんは座り込んで何故か休憩してますが・・・???

ところで、私は結局12月も休職していたのです。
11月にそろそろblogもゆっくりでも復活しようかな・・・と思っていた矢先の出来事で。

そろそろ寝たほうがいいんですが・・・

昨年は、父の事又それに関する色んな事で、精神的にも体力的にもぎりぎりのところまで来てしまい、かなり実際私は悪化!していたのです。あぁ情けないですな。
医者がかなり心配して(自分ではあまり自覚していなかったのですが^^;)、先生から姉に直接連絡を取ってくれたり、まぁ介護のヘルパーさんとかケアマネージャーさんとか皆の協力もあったり、セカンドオピニオンに頼ってみたりと・・・。
そうするうちに11月頃やや復活の兆しを感じていたのですが。(まぁ投げやりの感もありましたが)

あれは11月18日の夜11半頃でしたが、姉から電話が来たのですよ。
こんな時間に?私は丁度寝ようとしてベッドの布団をめくったとこでした。
「今お風呂から上がったんだけど、足がもつれて、頭の血管が切れたのじゃないかと思う・・・」
もう私も切れそうでした。
「いいから電話切って救急車呼んでっっ!お願い!私もすぐ行くから」
と言って、姉が納得すると、私も電話を切り、姉の元へ向かいました。
私が着くより絶対救急車の方が早いと思ったんですよ。
実は不眠続きで、誘眠剤を飲んだ直後だったのです!(即トイレへ直行して吐きましたよ^^;)
その通りで、着いた途端私の車の横を救急車が通って行きました。
その後を追跡したのですが、やはり追いつけなくて、姉の携帯へ電話して行き先を確認しました。
この日から手術が終了するまで、生きた心地はしませんでした。
病名は「クモ膜下出血」でした。
しばらくはネットとかで調べる勇気もありませんでしたが、後日調べてみると、ほぼ70%が死亡するとありました。姉は手術前の検査の途中で再度出血があり、かなり心配しました。
手術は午後2時から夜11時頃までで、かなり長かったのですが、時間とかそんなことは全然覚えていません。
只、祈る気持ちだけでした。母が亡くなった時を思い出し、これ以上私の大事な人をとりあげないでくれと祈るだけでした。
動脈瘤の場所により開頭手術となり、無事成功しましたが、「クモ膜下出血」の手術は治療の一環ということで、その後の投薬とか経過が重要だそうですね。
2週間はICUで経過を見ないといけないということでした。
この2週間のうちに「血管れん縮」とか「動脈硬化」が起こるのだそうです。
これが無ければ大丈夫なのですが。
医師曰く、姉は手術ではかなり難しい状況だったのですが、経過が良く、「動脈硬化」が無くそれによる後遺症は起きませんでした。
年内に何とか退院出来て、今は自宅療養中です。
体力が落ちたり、まだ色々ありますが、後しばらくすれば今までどおりの生活が送れるようになると思います。奇跡です。
自分自身、毎日の姉の見舞いと姉の家の往復は、大変だったかもしれませんが、姉の辛さに比べれば何でもないと思いました。
今まで頑張って築き上げてきたものを姉が全て失うのかと心配すれば、その方が辛いでした。
その頃色んな事を考えました。

私は実際最近「メイちんが生きている限りは生きていよう」から「メイちんが居ても、もう私は駄目かも知れない」とまで考えていましたが、姉の病状を見守るうちに「こういう時に姉を診るのは私しか居ないんだ」と思うと、生きていなければと思えるようになりました。
凄い事書いてますね・・・^^;
でもほんとに最近は本気で「このまま目が覚めないでいい」と思うようになっていたのです。
病気というものは、あまり長く闘っていると、疲れてきます・・・。
blogを更新しないのは、忙しく余裕が無いこともありましたが、こういう日々だったからなのです。
でも少し変りました。
自分の大切なものが、まだあるんだとあらためて気付きました。
自分にとってほんとうに大切なものだけを大事にして生きて行けばいいと思うようになりました。
無駄なもの、煩わしいものは出来るだけ捨てて。
私はこの歳でまだそれを選択する目があまり養われていないように思いますが・・・。

今年はほんとにゆっくりと歩いていきたいと思います。
まだblogのお友達巡りが皆さん済んでいませんが、ぼちぼち伺いますので、こんなmaybeですが又よろしくお願いしますね。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD :
───────────
コメント編集時に使用
 
復活!!!
メールのやり取りで、お姉さんのことはお聞きしていましたが・・・クモ膜下出血だったとは・・・。
お父様のこと、お姉さまのことと、想像できないくらい、辛い思いをされてたのだと思います。でも、死ぬことは考えないで下さいね!死んで楽になることはないと思います。残された家族のことを考えると・・・。
私がこんな事を言える立場ではないのですが・・・メイママさんには1年半前、助けてもらってるから!精神面で凄く助けてもらったので、今の花・風家があるんですよ。

「人生には消しゴムがない」今を懸命に生きないと!!!
メイママのペースでゆっくり生きて下さい!!!
花・風の母 URL 2008/01/08(Tue)13:47:41 EDIT
花・風の母さんへ☆彡
ありがとう!
私は花・風母さんにそんな大した事はしていませんよ~。
今の花・風家があるのは、母さんの力!です♪^▽^♪
でも、ほんとに「人生には消しゴムがない」ですよね。上書きです。油絵に似ています。
マイペースしかない!ですよね。
ほんとにありがとう
maybe URL 2008/01/09(Wed)22:50:25 EDIT
再びお邪魔~
今朝のコメント
秘密にするほどのコメじゃあなかったけど
秘密?にチェックして送信しました
ラブ母 2008/01/09(Wed)23:22:33 EDIT
無題
メイママ・・・辛かったね・・・
ブログが全然更新なかったから心配していたけど、お姉さんが大変だったんですね・・・
メイママの願いが通じて、お姉さんも元気に回復されているんですね^^
きっとお姉さんはメイママの事をすごく頼っていると思います。
私も近くに妹がいるからお姉さんの気持ちが分かるような気がするの。
メイママ、自分のペースでのんびりと・・・d(^-^)ネ!
チョコのママ 2008/01/09(Wed)23:38:46 EDIT
余念ってなに?
余念ってなに?
BlogPetのMARS URL 2008/01/10(Thu)10:46:16 EDIT
無題
maybeさん大変だったんですね。
でもmaybeさんの素早い判断でお姉さんは一命を取り留められたんですね。
私ごときが何の励ましの言葉も思いつきませんが。。
どうぞご自分のお体も大切に。
そしてmaybeさんが居なくなったら、メイちゃんがどんなに悲しむかも忘れないで下さいね!!
雲丹母 URL 2008/01/10(Thu)23:12:55 EDIT
TRACKBACK
TRACKBACK URL > 
PREV       NEXT
Profile
HN:
maybe
性別:
女性
自己紹介:

[May]
Birthday:20030331
deathday:20100808
Name:T.K.GREEN CRYSTAL JP EDEN
Sex:female
color:fawn and white

【Certified Pedgree】
SIRE:SURF OF SATOMI TAKATA JP
Born/19980417
G.SIRE:#OMEGA'S MASTER OF ILLUSION
CH/96.6, CH(AM)
G.DAM:#CEDEAR OF SATOMI TAKATA JP
CH/98.3
DAM: BESS OF SUMIDA GARDEN JP
Born/19990124
G.SIRE:ELFLAND H. JP B. NICE GUY
G.DAM:GENTLE MISS

Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
see more・・・
Music
Artist Name『麻也子』さん Music Name『Last Scene』
お世話になった方へ感謝の気持ちを込めて書かれた曲。聴く人の心が穏やかになればいいな、という思いが込められているそうです。
Comment
Thank you so much♪
TB
Past times
Search
Counter
メイちんバナー♪
ユユパパさんオリジナルデザインの「メイ」ステッカー&maybe作バナーだよ~
Bar code
忍者ブログ [PR]
"maybe" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.
[PR]Samurai Sounds